小児歯科

お子さまの歯の成長を保護者の方と一緒に見守ります。

当院の小児歯科について

一生、健康な自分の歯で食べられるようにするためには、子どもの頃からのお口のケアがとても大切です。
当院の小児歯科では、お子さまの虫歯の治療はもちろん、予防にも力を入れています。

子どもの虫歯は、きちんと噛めなくなるために栄養面で体に与える悪影響はもちろん、顎の発育不全などの原因になります。
また、よく「乳歯はいずれ抜け替わるから虫歯になっても問題ない」というような話も耳にしますが、ひどい虫歯を放置することにより、永久歯が本来の場所に生えることができずに歯並びが悪くなったり、乳歯の下にある永久歯の芽にも悪い影響を与えたりします。

当院では、経験豊富な歯科衛生士の指導のもと、年齢や生活習慣に合わせたオリジナルメニューを組み立て、お子さまの虫歯ゼロを目指しています。
お子さまの歯の3年後、5年後だけでなく、大人になったときのことまでを考え、丈夫な乳歯を育てることで健全な永久歯の育成へとつながるサポートをいたします。

具体的には、春休みや夏休みといった長いお休みのときに定期検診に来ていただくほか、年1回はパノラマレントゲン写真を撮り、歯や顎関節に発育異常の兆しがないかどうか、リスクファクターの早期発見に努め、お子さまの歯の発育を見守っています。

子どもの虫歯を防ぐために大切なこと

甘いものを食べたり飲んだりし過ぎないことやブラッシングの大切さはよく知られていますが、実は、虫歯にならないためにもっとも大切なのは、「虫歯になりにくい歯をつくること」です。

そのためには、食事のときに「よく噛むこと」がとても重要です。
噛むことによって唾液がたくさん出て、唾液が歯のプラーク(歯垢)を洗い流します。
また、唾液には、歯の表面のエナメル質を修復する「再石灰化」といわれる力があります。
そのため、食事のときに唾液がしっかり出るように、お子さまには、しっかりと噛んで食べる習慣を身に付けさせてあげることが大切です。

また、現代の子どもたちは忙しく、塾から帰宅後の遅い夕食の後、歯を磨かずに寝てしまうなど、生活リズムの狂いから虫歯を引き起こしているケースも多々あります。
当院では、お子さまの虫歯を防ぐには、生活そのものを見ていき、適切なアドバイスをすることが大切だと考えています。

フッ素処置とシーラント

歯科医院でできる虫歯予防のための処置に「フッ素塗布」があります。
フッ素を塗布することで、次のような効果が期待できます。

1再石灰化を助ける(ミネラル沈着促進)

2酸によって歯が溶けにくいように歯の質を強化する

3酸の生成を抑える

特に、生えたての乳歯や永久歯は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素塗布による予防効果が大きいとされています。
当院では、フッ素は乳歯が生え揃う3歳を目安に、できるだけ早いうちに塗布することをおすすめしています。
フッ素は微量ですが体内にも浸透し、まだ歯ぐきの中にある永久歯の健康にも影響するといわれているためです。

また、虫歯になりやすい奥歯の溝を、フッ素配合のプラスチックで埋めることにより虫歯になりにくくする「シーラント」という処置もありますが、当院ではリスクの高いお子さまに限ってこれを行っています。

  • きらきらブログ Kirakira Blog