一般歯科

将来にわたり長く「歯を残していける治療」をご提案します。

当院の一般歯科について

一般歯科では、虫歯や歯周病の治療・予防を行います。
一般歯科において当院がもっとも重要視しているのは、「病巣感染を防ぐこと」です。

虫歯や歯周病は菌による感染症です。治療せずに放置したり、悪いところはしっかり「削る」「抜く」といった適切な治療を行っていないと、菌による感染症が全身に影響し、重篤な病気を引き起こすことがあります。これが「病巣感染」です。

病巣感染は、顎の骨や心臓・腎臓、眼の疾患を招いたり、細菌が血液中に入れば全身を巡り敗血症等になったりすることもあります。当院では、患者さまのご希望は尊重し、痛みについてのご不安にも配慮した上で病巣感染の危険性をご説明します。そして、的確な診断にもとづき、長い目で見た「歯を残していける治療」をご提案いたします。

歯科衛生士による歯の清掃

当院では経験豊富な歯科衛生士による歯のクリーニング「PMTC」をご提供しています。
歯面だけでなく歯の付け根まで専門的な技術によりクリーニングするため、歯肉が引き締まり、歯周菌の侵入を防ぐ健康な口腔になります。

当院では、歯周病治療の第一人者である医師の勉強会に積極的に参加するなど、スタッフ全員が常に知識と腕をブラッシュアップしています。

痛みの原因について

歯の痛みの原因は、実は虫歯や歯周病だけではありません。
普段、無意識にしてしまう頬杖、横向き寝、うつぶせ寝、片側噛み、唇の巻き込みなどの「態癖」によって歯は動き、歯列を乱して咬み合わせを悪くしてしまいます。さらには顎や体の姿勢にまで影響を及ぼすことがあります。このゆがみにより、歯に痛みが起こっていることも多いのです。

定期検診について

当院では、治療後も引き続き、定期的なメンテナンスをお勧めしています。初診で検査を行った後、1カ月後に再度診させていただき、患者さまの態癖の原因となる生活習慣のリスクを探り、改善策を一緒に立てていきます。毎日のブラッシングを含め、最終的には患者さまに、「自分で自分をコントロールできるように」なっていただくことが目標です。患者さん自身が正しい口腔ケア、生活習慣を身に付けることが、歯の健康年齢を左右させます。

  • きらきらブログ Kirakira Blog